top of page

鳥取県江府町で、自治体職員向けのAI導入勉強会を実施

更新日:2023年6月7日


鳥取県江府町様にて、自治体向けのAI導入勉強会を実施しました。

午前・午後に分かれての二部構成で、各課から職員様方が参加されました。

江府町役場だけでなく、日野町役場、日南町役場からもご参加がありました。


勉強会では、参加者の皆様にグループに分かれていただき、各テーブルに西海クリエイティブカンパニーのスタッフがサポート役としてご一緒させていただきました。


まずは文字起こしばりぐっどくん(画像から文字起こしができるばりぐっどくんLINEアプリ)のデモ、お絵描きばりぐっどくん(文章からお絵描きできるばりぐっどくんLINEアプリ)を体験。

AIと働くイメージをざっくりつかんでいただきました。


ChatGPTの特徴や使い方のコツ、自治体でAIを使うアプローチとして「部下にする」となぜ良いのかの説明部分では、職員の皆様はうなずいたりメモをとったりと熱心に参加されていました。


そして、メインのGPT-4を搭載したばりぐっどくんデモ。江府町様の町議会会議録を学習済みのアプリを、職員の皆様に体験いただきました。

LINEから質問を送ると町議会の議事をふまえた内容で返してくれるという機能を試し、グループ内で質問や意見を交わし合い、どういう使い方ができるか、どんな内容が返ってくるか等の共有を行いました。


「広報紙の情報を学習させて業務改善に役立てたい」などの活用のアイディアや、メリットだけではなくデメリットや懸念される点までさまざまな意見を出していただき、それぞれが業務利用への適用方法を模索する時間となりました。


江府町役場の皆様、ご体験いただきありがとうございました。



Comentários


bottom of page